【児島ボート・開設GI68周年記念】優勝戦メンバー出揃う F休み控える菊地孝平「互角の勝負ができる」

2020年10月03日 19時49分

グランプリ出場を見据え、賞金アップを狙う菊地孝平

 ボートレース児島のGI「児島キングカップ開設68周年記念」は3日、シリーズ最大のヤマ場、準優勝戦3番勝負を終了した。

 その準優戦はすべてイン逃げ決着で、1号艇の3選手が順当に勝利。結果、4日最終日第12Rで争われる優勝戦に進出するベスト6は次の通りに決定。コメントと併せて紹介しよう。

1・菊地孝平(静岡=42)足はバランス型で悪いところがない。上位とはいえないまでも、優勝戦では互角の勝負ができる。

2・峰 竜太(佐賀=35)かかりが良くて気持ち良く全速でターンができる。出足は節一だし、伸びも松井さんがいいけどヒケは取らない。この出足なら差しが入る足。

3・山崎智也(群馬=46)バランスが取れて全部の足がいい。目立つことはないけど、高い水準のところにはいる。

4・松井 繁(大阪=50)足はまあまああるし、悪くない。コースは枠なりで、伸び型にするかはそのときの気分次第。

5・篠崎元志(福岡=34)バランス型で出足はまあまあ。特別、伸びることはないが、全体的にまとまっていて上位の一角にある。

6・吉川元浩(兵庫=48)足はバランスが取れていい。3日目から乗り心地も良くなってトップクラス。

 ちなみに、6選手の2020年獲得賞金ランクは3日現在、菊地=6位、峰=1位、山崎=100位以下、松井=12位、篠崎=29位、吉川=2位となっており、山崎以外の5人は11月末の蒲郡SG「チャレンジカップ」出場圏内(菊地はF休みで選考除外)にいる。

 絶好枠を勝ち取った菊地は優勝すれば、獲得賞金額も8800万円弱まで上積み、ランク3位に浮上する計算。月末の大村SG「第67回ボートレースダービー」終了後に30日のF休みが待っているため、年末の〝ビッグイベント〟SGグランプリ(BR平和島=12月15日~)への、トップ6シード(トライアル2ndから出場)入りに、少しでも近づいておきたいところだ。

 一方、山崎は優勝しても50位前後へのランクインで、次節のまるがめGI「68周年記念」(11日から)でも勝負駆けとなる。