【K―1】安保瑠輝也 海斗に予告通り初回KO勝ち!「野杁正明選手にリベンジすることしか考えていない」

2021年12月04日 20時30分

安保(左)は会心の勝利にこの表情(東スポWeb)
安保(左)は会心の勝利にこの表情(東スポWeb)

 立ち技格闘技「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN」(4日、エディオンアリーナ大阪)で、安保瑠輝也(26)が海斗(26)を1R1分52秒で仕留め、KOで圧勝した。

 安保は開始からミドル、ロー、ハイキックと右の蹴りで相手を圧倒。さらに右のパンチから一気に詰めて最初のダウンを奪った。その後も攻撃の手を緩めず、コーナーに追い詰めてパンチのラッシュで2度目、最後はバックブローで3度目のダウンを奪い貫禄の勝利を手にした。

 試合後は「(1RKOを)有言実行できて良かったです。フィジカル的な強さはありましたけど、打撃の精度とかスピードはレベルが違うのが分かっていたので。その結果になって良かったと思います」と涼しい表情。今後について問われると「野杁正明選手にリベンジして、ベルトを奪い取ることしか考えていないので」と、9月の第2代ウエルター級王座決定トーナメント決勝で敗れた王者への復讐を改めて見据えていた。

関連タグ: