3つの坂道グループがドラマ初共演 櫻坂・渡邉「日向坂さんはなんでそんなに明るいんですか?」

2021年01月29日 18時47分

左から渡邉理佐、森田ひかる、齊藤京子、濱岸ひより(提供写真)

 人気アイドルグループ・乃木坂46、櫻坂46、日向坂46が29日、3つの坂道グループ初共演ドラマ「ボーダレス」(ひかりTVなどで3月配信)の制作発表をオンラインで行った。

 会見には櫻坂から渡邉理佐(22)、森田ひかる(19)、日向坂から齊藤京子(23)、濱岸ひより(18)が登壇。乃木坂の遠藤さくら(19)、早川聖来(20)と櫻坂・小林由依(21)はリモートで参加した。

 音楽番組などでグループ共演はあるが、ドラマでは初めて。齊藤は「同じ坂道グループでもなかなかお会いできないので、お話しできるのが楽しみ。ファンの方も楽しみだと思う。一緒にたくさん写真を撮ったりファンの方にエピソードトークを話せるぐらい思い出を作りたい」と話せば、濱岸は「坂道という名に恥じないようにあいさつや行動に気を付けたい」と意気込んだ。

 また、森田は「坂道グループはそれぞれ楽曲の雰囲気、カラーも違うので面白い。私は櫻坂のカラーをお見せしたいし、他のグループのカラーを見て、いろんなことを吸収できたらいいなと思います」と明かした。

 原作は誉田哲也による同名小説で、ある街で起きた殺人事件をきっかけに、4つの物語の境界(ボーダー)が失われ、それぞれの物語が交錯していく本格ミステリードラマ。3月からひかりTVとdTVチャンネルで独占配信される。

 櫻坂・渡邉と日向坂・濱岸は姉妹役を演じた。渡邉は「すごくいい子で、かわいくて…。4つ年が離れているので、本当に妹になってほしいと思いながら撮影してました」と話すと、濱岸も「理佐さんは本当にお姉ちゃんみたいで、マイクを直してくれたり休憩中もお話したり楽しかったです」と感謝していた。

 それぞれのグループの楽屋での過ごし方についてもトークを展開。渡邉が「日向坂さんの楽屋はわちゃわちゃ明るいと聞いて、櫻坂は自分に時間を割いているので静かめなんです。日向坂さんはなんでそんなに明るいんですか?」と聞くと、齊藤は「キャプテンの佐々木久美が楽屋番長で(笑い)、隠しカメラがあったとしても常にいいものが撮れると思います」と明かしていた。