ゆたぼん デビュー戦“不完全燃焼”なら「ユーチューブを引退して、学校に行く」

2021年12月15日 17時03分

激闘を誓ったゆたぼん(東スポWeb)
激闘を誓ったゆたぼん(東スポWeb)

〝少年革命家〟でユーチューバーのゆたぼん(13)が15日、自身の公式チャンネルを更新し、翌16日に控えるボクシングのエキシビションでのデビュー戦で「情けない試合をしたらユーチューブを引退して、学校に行く」と宣言した。

 ゆたぼんは亀田興毅会長(35)が主催する3150ファイトクラブのボクシング興行「3150ファイトVol.1」(16日、メルパルクホール大阪)で三輪皇瑛選手(3150ジム)にエキシビションマッチで対戦する。

 この半年間、ボクシングに打ち込んできたが、相手の三輪選手はボクシング歴2年で、身長や体重もゆたぼんより上。ゆたぼんは「格上の選手と戦うっていうことやねんけど、絶対にオレの方が強い。毎朝トレーニングして、週に6日間、平仲ボクシングスクールジムで練習してきたからその成果を見せようと思っている」と自信をのぞかせる。

 エキシビションで勝敗はつかないとはいえ、ゆたぼんは「今回の試合で、もしオレがカッコ悪いボクシングをしたり、情けない戦いをしたら、その時はユーチューブ引退して、学校行きます!」と自身を追い込んでみせた。

 いうまでもなくユーチューブはゆたぼんのライフワーク。不登校も「子供は学校に行く義務はない。親は子供に教育を受けさせる義務はあるけど、嫌がっている子供を無理やり学校に行かせる義務はない」を持論として、小学3年生の時から不登校を貫いている。それだけに〝ユーチューブ引退&登校宣言〟で背水の陣を敷いたともいえる。

 ゆたぼんのパパ・中村幸也氏(41)は「本人が決めたことなので、しっかりと約束は守るように言ってある。悔いが残らない試合をしてほしい」と話した。

関連タグ: