辛坊治郎氏 新聞読み返しコロナ独自研究「緊急事態宣言関係ない」「インフルの方が怖い」

2021年10月23日 17時27分

辛坊治郎氏(東スポWeb)
辛坊治郎氏(東スポWeb)

 フリーキャスターの辛坊治郎氏が23日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」に出演。新型コロナに関する持論を述べた。

 辛坊氏は「半年さかのぼって全紙読んだんです。そしたらビックリしました。いろんなことが分かりました」と切り出し、「コロナの波ってね、だいたい2か月盛り上がって2か月で下がる。それも新種のウィルスが出てくると、2か月上がりきると、多分燃え切った感じですね。燃え切ったら落ちていく」と分析。

 その上で「だから、第5波っていうのはデルタ株、第4波はアルファ株。次、変異があったら2か月上がって2か月で下がる。変異が無ければこのまま収束する、っていうのが、過去の新聞さかのぼるとはっきり見えます」と推測した。

 また「これ言うと袋叩きに遭うんですけど」と前置きし「緊急事態宣言とかまん延防止措置の発出時期と(新規感染者の)カーブとを本気で読むと、ほとんど関係ないですね、あれ。基本、2か月上がって2か月で下がる。新種のウィルスが出るとまた上がって下がる、っていうののこの1年繰り返しです」と指摘した。

 それを踏まえ「次6波来なければ、来年の春には正常化します」と予想。しかし、この冬はコロナよりインフルエンザが怖いとした辛坊氏は「去年流行らなかったんで、抗体が薄れてるんです。そのときにウィルスが来ると一発で感染広がります」と説明した。

 さらにインフルの恐怖について「これテレビで言うと殴られるんですけど」と前置きし「子どもにとったらコロナよりインフルエンザのほうが怖い。インフルエンザは脳症っていって、脳に炎症起こして錯乱状態になって、高いところから飛び降りたりして何人も毎年子どもが死んでるんです。去年流行ってないんで、流行り始めたら一気に広がる可能性があるから、この冬インフルエンザ怖いです」と警鐘を鳴らした。

関連タグ:
 

ピックアップ