山田杏奈が主演映画の舞台あいさつ「公開してから、めちゃくちゃエゴサしてます」

2021年10月23日 13時39分

左から首藤凜監督、山田杏奈、作間龍斗、芋生悠
左から首藤凜監督、山田杏奈、作間龍斗、芋生悠

 女優の山田杏奈(20)、芋生悠(23)、ジャニーズJr.のグループ「HiHiJets」の作間龍斗(19)が23日に東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われた映画「ひらいて」(首藤凜監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。

 同映画は芥川賞作家・綿矢りさの同名小説が原作。10年前に首藤監督が綿矢氏の原作に感銘を受け、今回映画化の運びとなった。

 主役の「愛」役を演じた山田は「なかなか理解できない部分もあったんですけど、パワーの強さは凄い面白いなと思いながら現場で芝居してました。うらやましい部分はありますね、あそこまで思い切って行動できたらなと。ゴミ箱を投げるシーンとか。うらやましいなと思いながら、近くにはいてほしくないなとも思いました」と語る。

 映画初出演の作間は「撮影は感じるままにやった部分が多かったです」と話した。2人の女性に愛される「たとえ」役を演じたことには「そういう状況にあるのはうらやましいと思いましたね、大変とも思いましたけど」と振り返った。愛に厳しい言葉をはくシーンには「辛かったですね」と言い、山田も「ずっとお芝居してても(精神的にダメージを)くらってましたね」と話した。

 最後は山田が「公開してから、めちゃくちゃエゴサしてます(笑い)。こんなに多くの人に届いているのかと。思い入れのある作品になっています。戦った記録みたいなものを感じていただけたら幸せです」と締めくくった。

関連タグ:

ピックアップ