舛添要一氏 “免停5回” 木下富美子都議は「絶対辞めない」「親分の小池百合子って人も黙ってる」

2021年07月25日 18時20分

「因縁」の舛添要一氏(左)と小池百合子都知事
「因縁」の舛添要一氏(左)と小池百合子都知事

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が25日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)にVTR出演。東京都議選の期間中に無免許運転で人身事故を起こして辞職勧告決議案が可決された、木下富美子都議についてコメントした。

 番組では木下都議と思われる人物が免許停止中にスクーターを運転する、新たな映像を紹介。過去3年で5回の免許停止処分を受けており、違反内容は速度違反2回、携帯電話使用2回、信号無視1回、一時停止無視1回と報じた。

 MCの千原ジュニアらが呆れる中、舛添氏は「でもこれ、都議辞めないと思いますよ。決議って全然法的拘束力ないから」と指摘。

「非難がある中、そこまでしたやりたいのか?」の声が出ると、舛添氏は「ちゃんとそれで稼ぎますから。それで一人会派作れるんですよ。自民党とか都民ファーストの会とかじゃなくて。なんで会派作るかって言うと、会派があると政務調査費が出るんですよ、月に何十万か。ですから、ちゃんとすぐそれ作ったっていうのは絶対辞める気ないと思いますね」と解説した。

 続けて「親分の小池百合子って人も黙ってますから、そのまま4年間、行くと思います」と分析した。

関連タグ:

ピックアップ