【東京五輪】国際ジャーナリスト連盟が海外メディアGPS監視を非難 規則撤回を求める

2021年06月17日 13時33分

東京五輪を取材する報道陣から不満が出ている
東京五輪を取材する報道陣から不満が出ている

 東京五輪を取材する海外メディアに対し、大会組織委員会がGPS(衛星利用測位システム)で〝行動監視〟する方針に、海外から猛反発だ。

 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)は16日、ホームページ上で「このような予防措置の実施は、ジャーナリストのプライバシーを無視し、報道の自由を制限する」と非難。「IFJは、組織委員会に対し、この規制を撤回し、安全を維持する別の方法を議論するよう要請する」と、規則撤回と、他の方策議論を求める声明を発表した。

 組織委員会は海外メディアに対し、事前に提出した計画書通りの活動を求め、入国後14日間の公共交通機関の使用禁止、GPSによる監視や、友人宅などへの宿泊禁止など厳格な行動管理を表明している。IFJは、「これは海外メディアだけに適用されている」と非難。海外からの反発に、どう対応するのか。

関連タグ: