〝酒気帯び逮捕〟小金沢昇司が釈放 質問には口閉ざす

2020年11月30日 16時40分

釈放された小金沢はマスクを取って頭を下げた(警視庁湾岸署)

 酒を飲んで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び)の疑いで逮捕、送検された演歌歌手の小金沢昇司(62)が30日、警視庁湾岸署から釈放された。

 黒のスーツ姿で、弁護士とともに現れた小金沢は「本当に申し訳ございませんでした」と集まった報道陣に頭を下げ、謝罪の言葉を口にした。

 報道陣からは酒をどれくらい飲んだかなど質問が飛んだが、口を閉ざしたまま、車に乗り込んだ。

 小金沢は28日正午すぎ、東京都杉並区方南の環状7号線を走行中にトラックに追突。駆けつけた警察官が呼気を検査し、基準値を超えるアルコールが検出された。

 小金沢容疑者の車に同乗者はおらず、トラックの運転手にケガはなかった。小金沢容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。警視庁は任意で捜査を続ける方針。