〝ハイパーメディアカブキアクター〟海老蔵が再婚に触れる「運命に任せます」

2020年09月18日 11時20分

市川海老蔵

 電撃再婚はあるのか!?

 歌舞伎役者の市川海老蔵(42)が17日、体験型商業施設「羽田出島」(東京都大田区)のオンライン発表会に登場した。

 同施設は19日に開業。海老蔵はそのエグゼクティブアドバイザーを務めている。

 最先端技術を導入した施設の発表会だったが、開会直後にマイクが声を拾わないアナログなトラブルが発生。海老蔵は「始まる前に、始まらない」と独特の表現でチクリとやった。

 海老蔵といえばSNSやブログが何かと注目される。今月8日にはツイッターで、共演経験がある伊勢谷友介容疑者の逮捕について「え、友介、」とだけ記した。

 また、気になる言及もある。5日のブログで自身の再婚に触れたのだ。

 その日は、長男の勸玄くん(7)らと知人宅でバーベキューをして盛り上がったそうで、「会話もすごくストレートトークでした! 結婚の話とかされちゃったり、おいおい。私はまだまだ当分出来ないよー 運命に任せます」と記している。

 2017年に妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)を乳がんで亡くしている。再婚に否定的な姿勢を示したが、「運命に任せます」が大いに気になる。

「海老蔵さんは本業の歌舞伎のほか、ユーチューバーとしても活動しています。最近はオンラインサロンを展開して日本の伝統文化を学ぶ教室を開くなど、教育事業にも参入している。その姿は“ハイパーメディアカブキアクター”なんて言われてもいます。コロナ禍で先送りされていますが、市川團十郎襲名の大仕事も控えていますしね」とテレビ関係者。

 続けて「仕事と育児で非常に忙しいですが、それが落ち着いた数年後には再婚の可能性は否定できないと思います。あのブログは非常に意味深ですから」。

 2人の子供たちとともに、幸せになれば何よりだ。