杏は東出昌大との〝共演OK〟 俳優業まい進の元夫に大人の対応

2020年08月05日 06時15分

杏と元夫・東出

 女優・杏(34)が1日に俳優の東出昌大(32)との離婚を発表、既定路線とはいえ日本中を改めて驚かせた。5年半の夫婦生活に終止符を打ち、子供3人の育児については「協力し合う関係を築いていきたい」と報告した2人。とはいえ、不倫騒動によるCM降板で、東出は多額の違約金を抱えている。そうなると俳優業にまい進するしか道はないが、どこまでも大人の杏は、子供たちのために東出とは〝共演NG〟にしないという。

 2人は報道各社に送った文書で離婚を報告した。双子の長女、次女(4)と長男(2)、3人の子供の親権は杏が持つが「今後は子どもたちの親として成長し、協力し合う関係を築いていきたいと思います」とした。

「杏は昨年11月にあった、父である渡辺謙さんの還暦パーティーに出席した。その際も3人の子供たちの面倒を1人で見ていた。周囲は忙しそうに動く姿に感心する声とともに、疲れた表情に『杏ちゃん、大変だね…』と心配の声も漏れていた」(出席者)

 今年1月に東出と若手女優・唐田えりか(22)の不倫騒動が発覚し、杏は東出と別居。さらに、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で孤独な育児に追われ、事務所に救援を求めたこともあったという。

「杏さんは別居中でも、ビデオ通話で子供たちと東出をつなげていた。離婚しましたが、東出が3人の子供の父親であることには変わりない。今後も子供の気持ちを最大限に尊重して、東出と交流を持たせるようです。育児をする上で、東出の存在を〝消す〟ことは考えていないということ」(芸能関係者)

 東出は不倫騒動によるCM降板で高額な違約金を抱えることになった。

 離婚に至る原因は東出にあるが、慰謝料は杏サイドに〝免除〟してもらった。とはいえ、高額の違約金の支払いを念頭に置いて、東出は関係者らに「とにかく仕事を頑張るしかない」と悲壮な決意を明かしているという。

 そんな東出に対して、杏は仕事上なら共演は拒絶はしていないというから驚きだ。

「映画やドラマなど、東出が仕事をしていく場所はこれからも同じ。杏さんは東出サイドに〝仕事を頑張ってほしい〟と伝えており、子供のためにも落ちぶれた父親にはなってほしくない思いもあるのでしょう。さらに自分と東出の起用についても、周囲には『気を使わないでください!』と堂々と振る舞っているとか。さすがにすぐさま共演オファーを出すことはできないでしょうが…。少なくとも将来的には、2人が共演する可能性は十分にあるでしょう」(テレビ局関係者)

 もし東出が干され続ければ、生活に行き詰まり、危ない仕事に手を染めるなど誤った選択をする可能性もなくはない。そうなれば、最もショックを受けることにもなるのは子供たちだ。杏としても、それだけは避けたい思いがあるのだろう。

 そもそもは、2013年度後半のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦役を演じたことをきっかけに結婚に至った2人。離婚後に共演となれば、話題になることは間違いないだろうが、杏が拒否しても当然のケース。そうしないのは、子供のことを第一に考えているためだ。

 不倫騒動で怒りをぶちまけたい感情もあっただろうが、対外的には冷静さを保ってきた杏。そのおかげもあって、東出は主要キャストとして出演した映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が先月23日に公開され、世間の反感もそれほど起こらず、興行成績も好調だ。

 さらに東出は、「峠 最後のサムライ」(公開日未定)、10月に「スパイの妻」、11月にも「おらおらでひとりいぐも」と、出演した映画の公開が控える。子供たちの父親として、仕事で誠意を見せ続けるしかない。