引退・高岡蒼佑は何を遺したか フジ嫌韓発言、ジャニーズとトラブル、傷害事件も

2020年08月03日 11時00分

俳優引退を発表した高岡蒼佑

 俳優の高岡蒼佑(38)が3日、自身のインスタグラムを更新し、俳優引退を発表した。

 高岡は前日からカウントダウン風に数字が表記された画像を投稿。2日に「17歳から俳優として作品作りに携わらせていただきましたが、38歳の今、俳優人生にもう思い残す事は何もないと感じております」とし「この決断を誰1人にも相談していません。何年も考え続けた気持ちです。一度きりの人生、後悔しない生き方をしたいです。自分で決めた生き方を誇れるように強く生きていきます」とつづった。

 そして、日付が変わった3日。高岡は「本日を境に、俳優業をやる事は永遠に御座いません」と宣言。「応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。皆様のご多幸を心よりお祈りしております。関わっていただいた皆様には、格別の感謝を送ります。21年間、本当にありがとうございました」と感謝の言葉で締めた。

 高岡は1999年のテレビ朝日系のドラマ「天国のKiss」でデビュー。その後映画「バトル・ロワイアル」「パッチギ!」「ROOKIES ルーキーズ」などに出演した。

 私生活では07年に女優の宮崎あおいと結婚したが、離婚。18年に一般女性と再婚し、すでに2児の父であることを報告している。

 高岡と言えば、2011年の〝フジテレビ嫌韓発言〟で物議を醸した。同局で韓国系ドラマが増えていることに疑問を感じた高岡は同年7月に「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」とツイート。

 さらに「ここはどこの国だよって感じ 気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」「ここまで侵略しなかったら自分も言わないよ。ここ日本なんだよね」などと畳みかけた。

 この発言で高岡は大炎上。当時の所属事務所「スターダストプロモーション」も問題視し、事務所幹部と高岡で話し合いが持たれたが、決裂。同年7月末をもって事実上の〝クビ〟となった。

「フジと良好な関係を築いていたスターダストは顔面蒼白で、すぐさま幹部が謝罪に向かった。その後高岡とも話したが、本人は『何も悪いことはしていない』と譲らなかった。この一件で高岡さんの俳優生命は大きく変化。『トラブルメーカー』の烙印を押され、特に地上波では長い間〝要注意人物〟扱いされていた」とはテレビ関係者。

 その後の高岡は改名を繰り返したり、人気女性アーティストとの交際で話題になったこともあったが、俳優として再び陽の当たる場所に戻って来ることはなかった。

「スターダストに加え、前妻宮崎あおいさんをめぐって、ジャニーズ事務所とトラブルになったこともあった」(同)

 2016年1月には飲食店で20代男性を殴り、けがをさせた傷害容疑で逮捕された(のちに釈放)。男性と面識はなく、高岡は「絡まれてカッとなって殴った」と供述。当時高岡は飲酒し酔っていた。

 他方で高岡の〝嫌韓スタイル〟は、某ネット掲示板などで「革命家」と評されることも…。

 激動の役者人生を終えた高岡は、いま何を思うか――。