【印西市長選】ゆづか姫「若者を政治から排除しないで!」千葉ニュータウン中央駅前でマイク納め

2020年07月18日 20時31分

選挙戦ラストの演説を行った新藤加菜(左)。後方は立花孝志氏

 千葉・印西市長選(19日投開票)に立候補しているNHKから国民を守る党の〝ゆづか姫〟こと新藤加菜氏(27)が18日、千葉ニュータウン中央駅前で街頭演説し、マイク納めを行った。

 選挙運動最終日のこの日、選挙カーの前に立った新藤氏は「選挙は当選することだけが目的ではない。長いスパンで考えて、より良い社会を作るためにできることを考えていきたい。これからの社会を担っていくのは若い世代であるにもかかわらず、若者を政治から排除しないでほしい。若者の声を聞いてほしい」と訴えた。

 さらに「日本は『多数派の声に同調しろ』という同調圧力が強い国だと感じる。カナダで2年暮らした経験から、そのように感じるようになった。少数派だったとしても、自分の意見や好きなものを大事にしてほしい。一人ひとりの趣味嗜好や相手の存在を尊重し合うことで本当の意味で多様性溢れる社会になると思っている。今後もユーチューブチャンネルなどを使って訴えを行っていきたい」と意気込んだ。