臆測呼ぶ小池都知事の「60人台に〝乗せる〟」発言 宇都宮陣営は「数が操作されているのか」

2020年07月02日 06時15分

小池百合子東京都知事

 言い間違えにしては生々しい? 東京都は1日、新型コロナウイルスに67人が感染していたことが新たに分かったと発表した。緊急事態宣言解除後で最多だ。発表前に報道陣に囲まれた小池百合子都知事は「今日もかなり多いと報告を受けている。60人台に乗せると聞いています」と発言。この〝乗せる〟という表現に困惑が広がっている。

 この日、都知事選を戦う元日弁連会長の宇都宮健児氏は記者会見を開き、コロナ対策について小池氏に公開質問状を突き付けた。内容は「東京アラートの発令と解除は小池氏の都知事選出馬のための政治的都合を優先し、恣意的に判断されたものではないのか」などの8問。3日午後3時を回答期限としている。

 宇都宮陣営は、感染者数など都が公表している数字に疑問を持っているという。

 同席した選対本部長の海渡雄一氏は「『60人台に乗せると聞いている』という発言が小池氏から今日ありました。テレビで私も確認しました。(乗せるという表現は)おかしい。数が操作されているのか」と首をかしげていた。

「乗った」ならともかく「乗せる」だと能動的に60人台に「した」みたいに聞こえるというのだ。言い間違いだとしても不用心である。

 案の定、ネット上には「計算通りってこと?」「これが本当のアンダーコントロール」など、びっくりする声が数多く記された。

 67人という数字がこれまでと違うのは、新宿よりも池袋の夜の街の感染者数が多いことだ。各地の夜の街にも、それなりの数の感染者がいてもおかしくない。宇都宮陣営関係者は「発表されているより、実際の感染者の数はどれだけ多いのだろうか」と疑問を呈した。

 都知事選が終わったらいきなり感染者数が増えた、なんてことにならなきゃいいが…。