【女だらけの北区補選】宗男もキター! 維新・佐藤こと氏が出陣式「全国から注目が集まっている」 

2020年06月26日 16時30分

演説する佐藤こと氏

 東京・北区都議補選(7月5日投開票)が26日告示され、「日本維新の会」から出馬した佐藤こと氏(32)が赤羽駅前で出陣式を行った。

 候補者5人がすべて女性という異例の戦いとなる北区補選。佐藤氏は「地味な選挙だけど、5名の女性立候補者ということで全国から注目が集まっています。精一杯思いを伝えて戦いたい」と、〝女だらけの戦い〟に臨む意気込みは十分だ。

 応援には〝政界のレジェンド〟鈴木宗男参議院議員(72)や音喜多駿参議院議員(36)など、日本維新の会の国会議員が多数投入された。当然、応援者たちも〝女の戦い〟を意識せざるを得ない。

 宗男氏は「5人、みんな女性(候補)です。私が永田町で50年政治生活してるなかで、北区と東京都にとって一番ためになる都会議員は佐藤ことさんしかいない!」と猛プッシュ。宗男氏は、佐藤氏の顔写真入り団扇を選挙スタッフから〝強奪〟して道行く人に配るなど、〝The・ドブ板選挙〟の見本を見せつけて支持を訴えた。