フミヤの長男・藤井弘輝アナが〝フジの疫病神〟扱いされるワケ

2020年06月25日 11時00分

藤井フミヤの長男である藤井弘輝アナウンサー

 歌手・藤井フミヤ(57)の長男であるフジテレビの藤井弘輝アナウンサー(28)が、同局勤務の一般女性Aさんと結婚したことが先日、明らかになった。鳴り物入りで入社して5年目だが、いまだ期待ほどの活躍はできていない。アナウンス室でなにか悪いことが起きると「藤井のせい!」とイジられ、なぜか同局の視聴率低迷の原因に挙げられたこともあるとか。結婚を機にブレークできるか――。

 慶大文学部を卒業した藤井アナは、2016年4月に同局に入社した。その半年後の10月から、朝の看板番組「めざましテレビ」に大抜てき、現在も水曜日のリポーターを務めている。

 藤井アナは19日放送の同番組で結婚を生報告。先輩の佐野瑞樹アナから祝福されると「結婚いたしました。まだ実感がないんですけれども」とテレ笑いを浮かべ「妻と幸せな家庭を築きます」と誓った。

 明るく親しみやすいキャラで知られ、他に「魔女に言われたい夜~正直過ぎる品定め~」(月曜深夜1時35分)などに出演してはいるが、入社当初の期待度に比べれば、イマイチブレークしきれていない。

「『めざまし』に抜てきされ、いきなり全国各地の旬のスポットに突撃する『藤井アナの何でもやってみます!』という冠コーナーまで持つ好待遇からスタート。しかし全国各地のロケでことごとく雨にたたられ、共演者やスタッフから『持ってない男』と言われた。冠コーナーもさほど話題にならず、なくなってしまった」(テレビ局関係者)

 アナウンス部内では〝いじられキャラ〟としてかわいがられているという。それだけならいいのだが、イジリを超えて〝疫病神〟扱いされることも。

「毎年、社を挙げた夏の大型イベント『ようこそ!ワンガン夏祭り』では、開催前にアナウンサーが勢揃いして会見をするんです。ただ、時期的に台風など暴風雨に見舞われることもある。そんな時は、必ずみんなから『藤井のせいだ!』などとイジられている」(フジ関係者)

〝大の雨男〟を自認している藤井アナは自ら「僕のせいですよね…」と苦笑いしているそうで、エースである山﨑夕貴アナも「藤井くん…」と絶句しているとか。

「秋に企画したハロウィーンイベントでは、『めざまし』出演アナが仮装した際、台風の影響で冷たい雨が降り続いたこともあった。当然、藤井アナも参加していて、寒空に凍えていた山﨑アナと永島優美アナらが『藤井君のせい!』とグチっていた」(前同)

 スタッフからは、長らく続いている同局の視聴率の低迷までなぜか「藤井のせい」と、陰口を言われてしまうこともあったという。

 大物歌手・藤井フミヤの長男がここまでイジられるとは…。ある意味〝愛されキャラ〟であることには間違いない。ただ藤井アナ本人は、結婚をきっかけに〝フミヤの長男〟からの脱却に燃えに燃えているという。

「妻となったAさんは〝2世アナ〟という肩書に悩む藤井アナを支えてきた。実はAさんの父親もかつてフジの人気音楽番組などを手掛けた敏腕ディレクターで、現在は関連会社幹部。Aさんもある意味で〝2世社員〟で、藤井アナの境遇などを理解できるからです。藤井アナは父親の名前が出ないくらいアナウンサーとして活躍をすることが目標。結婚を機にヤル気になっている」(制作会社関係者)

 視聴率では長らく低迷するフジだが、藤井アナがブレークして起爆剤になってほしいところだ。