手越祐也がジャニーズ入所の動機語る 「女の子にキャーキャー言われたいなぁと思って…」

2020年06月23日 21時17分

ジャニーズ事務所を目指した理由とは

ジャニーズ事務所を退所したタレント手越祐也(32)が23日午後8時から緊急記者会見を開いた。その模様は公式ユーチューブチャンネルでも生配信され、あっという間に視聴者は100万人を超えた。

 おなじみの金髪ヘアーで現れた手越は退所について説明。「NEWSのメンバーとのトラブルは1ミリもない。ジャニーズ事務所とのトラブルもない」と述べた。

 手越は文春オンラインでコロナ禍での2度の外出を報じられ、活動自粛処分に。これを不服として退所を決めたと一部で報じられたが「違います。3月から事務所と退所の話をしていた」。外出の際は当時のチーフマネジャーに報告していたという。

 当初、手越はNEWSのツアーを終えてから退所というシナリオを思い描いていたが、コロナ禍で軌道修正。

 手越は「男として何か大きなことにチャレンジしたい気持ちはずっと持っていた。それがコロナになって…。世界の在り方が変わる、変化のタイミングがついに来てしまったと思った」と力を込めた。

 いつになく真面目にふるまう手越だが、ところどころで〝らしさ〟も見せた。手越がジャニーズの門を叩いたのは2002年。その理由について「男子校だったので、女の子にキャーキャー言われたいなぁと思ってジャニーズに入った」とキッパリ。

 続けて「今後もタレント、アイドルとして活動していきたい。ファンをとりこにさせたい」とセクシーに言い放った。