吉村大阪府知事&松井大阪市長&桂文枝 まるでトリオ漫才

2020年06月16日 16時22分

発表会見で笑顔を見せた吉村知事

 大阪府の吉村洋文知事(44)、大阪市の松井一郎市長(56)、落語家の桂文枝(76)が16日、大阪府公館で行われた「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーン概要発表会見に登場。トリオ漫才のような軽妙なやりとりで盛り上げた。

 新型コロナウイルス対策のため、ソーシャルディスタンスを保って会見に臨んだ3人だったが、文枝が「えらい離れて寂しいですね。楽屋ではそばで話してたのに」と漏らすと、吉村知事は「あまり言うとよくないです」とぴしゃり。

 さらに「大阪の人は大阪のホテルにはあんまり泊まりませんよね」と話す文枝に、今度は松井市長が「ま、そうですね。家に帰りにくい場合ですわな」と突っ込んで「その話は置いといて」と沈黙させた。

 だが、文枝も黙ってはいない。定額給付金の話題になると「ウチ、まだ届いてないよ」とチクリ。松井市長は「(お金に)余裕のある人はゆっくりでお願いします。一日5万件しか処理できないんです。今しばらくお待ちを」とおわびした。

 同キャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で厳しい経営状況が続く、府内の観光事業者への支援を目的とした府市共同の取り組み。7000円以上の特典付き宿泊割引プランを利用した関西2府4県在住者に対し、20万人限定で一人1泊につき2500円のキャッシュレスポイントを還元するもの。19日から7月末までの宿泊が対象となる。

 吉村知事は「大阪に来て泊まって遊んでもらおうという全国初の取り組み。感染症対策を取りながら、少しでも経済を動かしていこうという趣旨です」と訴え、松井市長も「宿泊施設も9割を超えていた稼働率が2割もいかない。関西の皆さん、夫婦2人なら5000円キャッシュバックです。熱のない人はふるって大阪に来ていただきたい」とアピールした。