茂木健一郎氏 東京五輪は「再延期してでも開催した方が良い」

2020年06月16日 11時46分

茂木健一郎氏

脳科学者の茂木健一郎氏(57)が16日、ツイッターで東京五輪の開催問題について持論を語った。

 茂木氏は大会組織委員会の高橋治之理事(76)がコロナ感染状況により来夏も開催が危うい場合、再延期も視野に入れるべきとの考えを示したという報道を引用。「ぼくの個人的な意見も、『再延期してでも開催した方が良い』です。2022年に開催ならば、北京の冬季五輪もあわせて、オリンピックイヤーにすればいい。アスリートはコンディションを整えるのが大変でしょうが……」と“中止より再延期”を提案した。

 前日にも山本太郎氏(45)が東京都知事選出馬を正式表明したことにに対し「オリンピック中止を明言されたけれども、簡素化してでも開催の方がいいのではないかと思う。東京の未来を考えても、開催してその先に行けばいい」とツイートしていた。