ラサール石井&ぜんじろう タイタンライブで“危険”な合体

2020年06月13日 01時49分

タイタンライブに登場したコント赤信号(-左からラサール石井、渡辺正行、小宮孝泰)

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=55、田中裕二=55)が12日、東京・中央区の時事通信ホールで行われた事務所主催のお笑いライブ「タイタンライブ」に出演したが、実はもう一つの注目点がある。急きょ、スペシャルゲストとしての参加が決まったぜんじろう(52)とお笑いトリオ「コント赤信号」ラサール石井(64)の“合体”だ。

「ラサールさんとぜんじろうさんはそれぞれ自身のSNSで安倍政権への厳しい意見を発信することで注目を集めています。この2人がタイタンライブで揃うということで、どんな発言が飛び出すのか」(テレビ局関係者)と、2人が揃うことで想定外の爆弾発言が飛び出しかねないと注目されていた。

 まず登場したのはぜんじろうだった。

 ぜんじろうは所属事務所の吉本いじりを皮切りに、安倍政権をいじると、その後は立憲民主党や大阪維新と、政治への疑問点を笑いにした。

 さらにコント赤信号が登場するとリーダー・渡辺正行(64)がネタの途中での絡みでラサールがツッコミを入れるのを見て「お前はいちいち、うるさいの! そういう性格良くないぞ。給付金ももらってるんだろう」とイジり、会場を沸かせた。

 ラサールは「こういう性格で40年芸人やってるんです!」と返し、ネタにしていた。