東国原英夫氏が東京アラート発令に苦言「新宿アラートでいいのでは」

2020年06月03日 15時19分

東国原英夫氏

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏(62)が3日、ツイッターで「東京アラート」に言及。

 基準や今後の方針などが分かりづらいことを指摘しつつ「東京都内の2日の新規感染者数が34人となり『東京アラート』が発令された。この『東京アラート』が実に中途半端で分かり辛い。各数値や根拠も今一つ曖昧。都民はどう行動していいのか」と疑問の声を上げた。

 また、新宿・歌舞伎町などの繁華街での感染が多いという報道にも触れ「新宿の夜の街が危ないというなら『新宿アラート』でいいのではないか」と主張した。