前澤友作氏 5億円申告漏れ報道に不快感「国民の秘密がリークされない国家を」

2020年05月27日 11時34分

前澤友作氏

 ファッション通販サイト「ZOZO」創業者で「スタートトゥデイ」社長の前澤友作氏(44)が、27日のツイッターで「5億円申告漏れ」報道に言及した。

 報道によれば「ZOZO」は、東京国税局から2019年までの3期・3年間で5億円の申告漏れを指摘された。前澤氏はプライベートジェットを私的利用しており、前澤氏は利用料5億円を負担すべきで、同社はその分を法人所得に計上する必要があったとされている。

 これについて前澤氏は「私は逃げも隠れもしないし、税務処理の方法でご指摘があれば、惜しまず税金払いますので、税金はどうか有効活用願います」とした上で「早速提案です。国民の秘密が特定の新聞社に秘密裏にリークされることのない安心して暮らせる国家の実現を希望します」と今回の情報がリークによるものとして、不快感を示した。

 さらに「国家公務員法100条1項」のコピーを貼り付け「大変だ!!リークは立派な犯罪みたいですよ」とチクリ。また、過去5年間で支払った税額を掲載し「5年間でちょうど500億円納税してました」とつづった。