神田うの「抗体検査で陰性だったから大丈夫」認識違いのインスタにツッコミ殺到

2020年05月18日 17時00分

神田うの

 タレント・神田うの(45)のインスタグラムにツッコミが殺到している。

 神田は16日に新型コロナウイルスの抗体検査を受け、結果は陰性だったと公表。その上で「これで来週憲ちゃんと安心して会えます」と、近々、歌手の美川憲一(74)と会合の予定を明かした。さらに「憲ちゃん、めちゃくちゃびびっていますからね。知らずして周りの皆様にご迷惑をお掛けする事がないという事が分かり良かったです」とつづったのだ。

 これにネット民が一斉に反応。神田は「抗体検査はPCR検査とは違って今現在の陰性の証明にはならないですよ」「美川憲一に会うまでに感染したらどうするの?」などとつっこまれたばかりか、緊急事態宣言下で外出を公言することへの疑問が相次いだ。

 前述の指摘のように、抗体検査とは過去に感染して有意な抗体がついたかを確認するもの。現在感染しているかどうかを測るのはPCR検査だ。

 テレビ関係者は「いまだに抗体検査とPCR検査の違いも理解せずに投稿してしまっているのは痛い。それに、一般人だけではなく芸能人の間でも、リモートで会話を交わしたり、飲み会を開いているんですよ。さすがに『友達の美川さんに会う』からと外出しようとするのは、問題視されてもしょうがない」と突き放す。

 炎上慣れしている神田とはいえ、今回ばかりは分が悪い。その後「まだ自粛中ですし、私は東京在住ですし、やはり会うのはやめておきます」とした(一連の投稿は現在削除)。

 ある芸能関係者は「志村けんさんや岡江久美子さんが新型コロナで他界しているので、高齢の美川がビビるのも無理はない。発言は軽率だが、うのは少しでも寄り添いたかったのでしょう。ちょっとピリピリしすぎでは?」と同情している。