コロナ感染テレ朝・富川アナ報告遅れの理由 以前から「アナウンス部に居場所ない」

2020年04月17日 17時00分

出演見合わせ中の富川アナ

 テレビ朝日の新型コロナウイルス感染が止まりそうもない。看板報道番組「報道ステーション」メインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)に続いて、同番組のチーフプロデューサーと総合演出を担当する男性と男性スタッフ2人(ともに40代)の感染が判明。テレ朝上層部は、富川アナが症状の報告を遅らせた原因を調査中で、報告を躊躇(ちゅうちょ)させた要因にもメスが入ろうとしている。

 同局は17~19日に東京・六本木の本社を完全封鎖し、消毒作業を行う。

「早河洋会長が激怒し、上層部に社内全フロアの消毒を厳命しました。すでにフロアやスタジオなどをその都度消毒していましたが、今回は社内のコンビニや設置されたATMなど、すべてのものが対象になります。9日に感染が発覚した関連グループの女性社員を含めて、誰も感染経路が分かっていないだけに、仕方ないのかもしれませんが…」(テレ朝関係者)

 出演を見合わせている富川アナは15日の報ステを通じて「繰り返し感染予防を呼び掛けていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました」とコメントを発表。さらに「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」と猛省し、謝罪した。

 今月3、4日に38度の発熱があった富川アナ。4日夜にはチーフプロデューサーにLINEで自身の体調不良を伝えていたが、話は2人の間でストップ。番組担当部長への報告は9日夜の出演後で、所属するアナウンス部への報告はさらに遅かった。

 7日の放送時点で、富川アナはたんが絡む症状があったといい、実際に視聴者からもかすれ声で、苦しそうな表情が心配されていたほどだ。

 なぜ視聴者が違和感を覚えるほどの段階で、上司や同僚アナが「大丈夫か?」と声もかけられず、気付けなかったのか。同じ“声”を生業にするプロであるなら“わずかな異変”には、視聴者以上に敏感になるはずだ。

 感染経路は不明だが、テレ朝上層部は感染症状の報告を遅らせた原因を調査中だ。

「富川アナはずっと取材畑を歩んできた自負から、ほとんどアナウンス部には近寄らず、スタッフルームなどにいた。本人も『俺はアナウンス部には居場所がない』と話していたほど。声の異変に気付いてあげられる上司や、同僚アナがいなかったことがこの事態を招いたともいえる。上層部も富川アナの管理体制がどうだったのかを確認している」(テレ朝関係者)

 古舘伊知郎の後任として、2016年4月「報ステ」メインキャスターに就任した富川アナ。18年にフリーの徳永有美アナが新加入。最近は同じメインキャスターとして、徳永アナが存在感を増し、居場所を失うことへの不安を感じていた富川アナは、出演継続のために無理をしてきたという指摘もある。

 本紙は富川アナの「俺がこの番組を支えている!」という報ステにかける並々ならぬ自負を既報したが、裏を返せば「もし報ステを失えば、他にいく番組がないと思っていたのでは?」と前出のテレ朝関係者は語る。

 局員同士でも激しいポジション争いが繰り広げられるアナウンサーの世界。富川アナの感染が発覚した際、アナウンス部から「(富川アナは)いつもここにはいないからコロナは大丈夫」と安堵の声が漏れてしまっていたのも、そうした背景があったからなのかもしれない。

 いずれにしろ感染経路や感染拡大の経緯が明らかにならない限り、同局のコロナパニックは続きそうだ。