高須院長 一律10万円給付の指示を評価「安倍さん強心剤注射してくれてありがとう」

2020年04月16日 15時01分

高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が16日、自身のツイッターを更新。安倍晋三首相が新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、2020年度補正予算案を組み替える方向で検討するよう指示したことに「よかった」とつぶやいた。

 高須院長は、かねて経済対策としての現金給付について「全部支給すればよい。呼吸困難だったら、とりあえず酸素補給だよ。考えてちゃダメ。緊急処置ってそんなもんだ」と、治療に例えて早期決断を促してきた。

「一律10万円給付」の方針がテレビで速報されると「とりあえず強心剤注射してくれた。よかった。なう」とツイート。続けて「とりあえず少しの間、心臓が動く。安倍さん強心剤注射してくれてありがとう。これから本格的に治療方針を討論してください。なう」と経済への対策を求めた。