舛添要一氏 新型コロナ感染拡大防止へ「レジ袋使用の義務化」提案

2020年04月13日 16時15分

舛添要一氏

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏(71)が13日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにレジ袋の一時無料化を訴えた。

 舛添氏は「スーパーでの買い物に、私もエコバッグを使うが、これがウイルス感染を広げる危険性がある。毎日、皆が自分のエコバッグを消毒している訳でない。スーパーのプラスチック袋のほうが安全だ」と主張。

 その上で「感染拡大が収束するまで、レジ袋の有料化を停止し、無料化してレジ袋使用を義務化することを政府に提案する」とした。