白石和彌監督 安倍首相を痛烈批判「これほど無神経な人間を他に知りません」

2020年04月12日 15時25分

白石和彌監督

 映画「孤狼の血」などで知られる白石和彌監督(45)が12日、自身のツイッターを更新し、安倍晋三首相(65)を痛烈に批判した。

 歌手・星野源(39)が3日、インスタグラムで楽曲「うちで踊ろう」を公開。その際「この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけたところ、多くのミュージシャンとのコラボレーションが実現して話題になっている。

 これに安倍首相も乗っかった。公式ツイッターで、ギターを弾き語りする星野の動画に、お茶を飲み、犬と触れ合い、優雅にくつろぐ様子を組み合わせた動画を公開。自宅で過ごそうと呼びかけたつもりだったが「なにこれ?」などと大炎上。「何様のつもり」というワードがトレンド入りした。

 白石氏は、この安倍首相のツイートを引用し「これほど無神経な人間を他に知りません。そんな人が日本の首相。どれほど苦しんでいる人がいて、星野さんがどんな思いで動画を作ったのか。想像力のカケラもない人に政治は出来ません」と言い放った。