石田ひかり 独自のコロナ対策掲げ医療従事者にエール

2020年04月08日 12時24分

インスタグラム(@hikaringo0525)から

 女優の石田ひかり(47)が8日、インスタグラムを更新。初の緊急事態宣言が発令される中、独自の新型コロナウイルス対策を提案した。

 石田は食材を宅配にし、犬の散歩ですれ違う以外はほぼ他人との接触を避けている。感染防止に気をつけて日常生活を送っており「コロナの感染拡大をひとりひとりの行動と意識で一日も早い終息に全力で取り組みましょうね!!」と呼び掛けた。

 さらに「感染から回復された若年から中年世代で基礎疾患のない方々に、宿泊療養の施設で例えば『お弁当を配る』とか、『お掃除』とか、お手伝いをお願いできると現場の負担が少し軽くできるのでは、と思いました。2回感染する事もあるみたいなので、ほんとうに『ド素人の思いつき』ですが…みなさんくれぐれも元気でいてくださいね!!」と訴えた。そして最後に「医療従事者のみなさんにこころからエールと感謝を送ります」と結んだ。

 新型コロナウイルスの軽症患者受け入れをめぐっては、ホテル三日月が先陣を切り、東横イン、アパホテルのほか、楽天の三木谷浩史社長が大阪市内に所有するホテルの無償提供を申し出た。日本財団も都内に1万床の整備を進めており、感染者増で待ったなしの状況に続々と対策が打たれている。石田のアイデアも問題解決の一助となるか。

 石田は8日スタートのミニドラマ「きょうの猫村さん」(水曜深夜0時52分、テレビ東京系)に出演する。石田の夫はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」、大河ドラマ「いだてん」で知られる訓覇圭プロデューサー(52)。