眞鍋かをり 小池知事とタッグ組んでパラ五輪の重要性を熱弁

2019年11月10日 13時00分

左から眞鍋かをり、小池百合子東京都知事、菊島宙、菊島充監督

 小池百合子東京都知事(67)、タレント・眞鍋かをり(39)らが10日、東京・中央区のコレド室町テラスで開催中の「BEYOND FES 日本橋」(11日まで)の特別ステージに登場した。

 パラスポーツの応援プロジェクト「TEAM BEYOND」の関連イベントとして行われているもので、小池知事は「ラグビーに熱中された方も多いと思われますが、次は2020、開催まで289日となったパラリンピックを盛り上げていきたいと思っています。ロンドン五輪の成功はパラリンピックの成功があったからと言われています」とパラ五輪成功の重要性を説いた。

 ゲストとして招かれた眞鍋は「ママ友に聞くとパラリンピック見たいという声が多いんです。親子連れにこそ、パラリンピック観戦はいいと思います」と主張した。

 イベントにはブラインドサッカーの菊島宙選手(17)も登場。“ブラインドサッカー界の澤穂希”ともいわれる実力の持ち主で、PKパフォーマンスを披露すると小池知事らもチャレンジ。眞鍋は「思ったよりも難しかったです」と苦笑いした。