萌えキャラ「宇崎ちゃん」の献血PRポスターに女性弁護士が「環境型セクハラ」とクレーム

2019年10月16日 16時31分

「宇崎ちゃん」のクリアファイル

 日本赤十字社が人気漫画「宇崎ちゃんは遊びたい!」とコラボした献血PRキャンペーンがネット上で大きな話題になっている。萌えキャラ・宇崎ちゃんが「センパイ! まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」と呼びかけるポスターを掲示。献血参加者に特製クリアファイルなどをプレゼントするキャンペーン第1弾は東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城の1都6県で実施している。

 きっかけは外国人ユーザーのツイート。コラボポスターの写真を掲載し、キャンペーンを非難。これを神奈川県弁護士会所属の太田啓子弁護士が14日、引用し「日本赤十字社が『宇崎ちゃんは遊びたい』×献血コラボキャンペーンということでこういうポスターを貼ってるようですが、本当に無神経だと思います」とバッサリ。「なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」と指摘した。続けて「とりあえず、日本赤十字社のお問い合わせ に意見を送りました、、、」とつぶやいたのだ。

 問題視されたポスターは、宇崎ちゃんの大きな胸が目立つが、谷間を強調したり水着姿でもない。太田氏が「環境型セクハラ」と指摘したことに賛同の声だけでなく、「人気キャラを使っただけ」「露出しているわけではない」と反論が出ている。

 また「環境型セクハラ」という語句を使ったことで「巨乳はだめなのか」「グラドルはどうすればいいのか」といった困惑の声も出た。さらに太田氏が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」を支持する意向であることから「表現の自由論争」にまで発展。各方面に“飛び火”している。