フジ山崎夕貴アナ 画像無断使用のネット広告に困惑「クレームが来ちゃうんじゃないかとビクビク」

2019年08月06日 10時14分

山崎夕貴アナ

 6日放送のフジテレビ系「とくダネ!」は、ネット広告で横行する画像の無断使用を特集した。被害に遭った山崎夕貴アナウンサー(32)は「ビックリです」と困惑した。

 番組では女性用下着「ナイトブラ」のネット広告を取り上げた。広告ではbefore(使用前)、after(使用後)の胸元写真を添えて「着けて寝たら99%がA→Dに!」とバストサイズがアップすると豊胸効果をうたう。ところが、いずれもツイッターなど個人のSNSで投稿された写真を使ったもの。afterとして写真を無断使用された女性はツイッターで「フェイク広告の闇を見た。前からこういう広告は嘘だと思っていたけれど、まさか自分が当事者になるとは…」と投稿。番組の取材に対し「性的なところを切り取られて、それをアフター(使用後)として使われたときは快く思わなかったし、いやDカップじゃないし。G(カップ)なのでD(カップ)ではないかな」とサイズまでウソを書かれたと怒りをにじませた。

 使用された画像は新しい服を買った時に投稿したもの。数日後に仲間から連絡があり、無断使用に気づいたという。「自分がその商品を使ったわけじゃないのに、宣伝されるとクレームがあると、私も責任を感じてしまう」と画像を投稿することをリスクを訴えた。

 番組では山崎アナもネット広告で画像を無断使用されていたことを明かした。「激太りの山崎アナがダイエットに成功」「前代未聞のダイエット成功」などと、ダイエットアプリのネット広告で写真が無断使用された。広告塔に使われた山崎アナは「知人から送られてきて、ビックリですよ。顔も名前も出ているから、クレームが来ちゃうんじゃないかとビクビクですよ」とコメントした。番組の取材に対し、サプリメントのメーカーは「弊社の商品で間違いないようです。しかしながら、こちら(ネット広告)は弊社が管理している広告物ではございませんでした。弊社の商品が誤解を招くような広告に利用されたことは誠に遺憾に思うとともに、ただちに当該広告が掲載されないように対応します」と回答。フジテレビでは今後の対処を検討していると伝えた。

 ネットでは画像を無断使用した広告が横行している。番組では、メーカーから委託されたアフィリエイト業者が個人やサイトに広告掲載を依頼。売り上げに応じて報酬が支払われるため、画像の無断使用や有名人の名前を勝手に使うケースがあり、責任の所在があやふやだと説明した。