アンジュルム室田瑞希「ひなフェス」卒業を電撃発表 船木結卒業は6月にスライド

2020年01月22日 22時05分

室田瑞希

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の室田瑞希(21)が、3月22日に明治神宮会館で開催される「ハロー!プロジェクト ひなフェス 2020アンジュルムプレミアム公演」をもって、グループおよびハロプロを卒業することが22日、明らかになった。

 アンジュルムにまたも激震が走った。同グループでは船木結(17)が3月中での卒業が決まっていたが、ここにきて室田が先に卒業することが決定。船木は室田の意思を尊重し、例年6月ごろまで行われるアンジュルム春ツアー終了後に卒業をスライドさせることも併せて発表された。
 
 室田は所属事務所の公式ホームページでコメントを発表。まずは電撃発表について「突然のご報告になり、皆さまの気持ちを動かしてしまって本当に申し訳ございません」とファンに謝罪。

 決断については「アンジュルムメンバーに出会えて、一人ひとり表現している中で自分はどういう表現をしたらいいのか、自分自身の強みはなんだろうなど考えたり。その中で、私が次に目指しているものは何か考えるようになりました」と経緯を説明。続けて「一から表現することを学び直して再出発したいと考えています。これからは幅広くいろんなことに挑戦していきたいと思っていて、その中で、音楽やお芝居の方もやっていきたいと考えています!」とした。

 卒業がスライドすることになった船木とは「船木結ちゃんは、3月に卒業を予定していたにもかかわらず、私の勝手で自分の卒業が先になったこと、本当に申し訳ありません。これからのことなど、いろいろと考えていたと思います。ふなちゃんには、私が3月いっぱいで卒業したいことを話して了承してもらいました」という。最後は「卒業までの時間を、大切なメンバーと過ごして、悔いの残らないよう精一杯頑張りたいと思います」宣言した。

 船木もコメント発表し「卒業発表をしてから数か月がたちましたが 私の卒業の時期について皆さまをお待たせしてしまい申し訳ございません。3月中に卒業したいという室田さんの希望を受けて、3月に予定していた私の卒業は、室田さんの卒業を見送ってからと思い、アンジュルムの春ツアーの最後までという形にさせていただきました。さらにたくさんの方に全力でパフォーマンスをお届けできるように、春ツアーのラストまで頑張りたいなと思いますので引き続き応援よろしくお願いします」などと呼びかけた。

 アンジュルムはグループとして“試練の時”を迎えている。