円熟期迎えている最新型モー娘は見どころ満載

2020年01月22日 17時00分

進化したモー娘

“最新型”モー娘は見どころ満載だ!――「ハロー!プロジェクト」のアイドルグループ「モーニング娘。’20」は22日、68枚目のシングル「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」をリリースした。現在の14人体制になって初のシングルであり“進化”をファンに印象付けている。

 昨年6月に加入した15期メンバーの3人、北川莉央、岡村ほまれ、山崎愛生(めい)にとってはデビュー作。トリプルA面の新シングルの中で、「LOVEペディア」と「人間関係No way way」はメロディーこそ同じだが、異なる歌詞と振り付けを取り入れた意欲作だ。

 発売同日には、ジャニーズJr.のグループ「SixTONES」と「Snow Man」が同時にメジャーデビューすることが話題になっている。石田亜佑美は「こっちも話題性たっぷりです」とバチバチだ。

 ミュージックビデオ撮影の時は緊張したと主張する新人3人に対し、生田衣梨奈は「全然緊張してないと思います。MV撮影が終わったら『生田さんの肌が、スベスベしてた!』とか言ってるんですもん。私が新人のころは(先輩だった)田中れいなさんにそんなこと言えませんでしたからね!」と笑わせた。
 新人メンバーが入って間もない新曲だが、パフォーマンスはトップクラスと評されている。

 芸能関係者は「特にここ最近はセクシーさが加わっている。若い新メンバーが加入した一方で、今年で20歳以上になるメンバーが8人います。いまはグループとしても円熟期を迎えています」。

 若さあふれる新メンバーのフレッシュさが目立つとともに、年長メンバーのセクシーさも捨てがたい。モー娘は両者が共存するグループに進化を遂げた。