つばきファクトリー 初のホールコンサートサート開催を発表!山岸理子「本当に頑張らないといけない」

2020年01月16日 20時00分

発売記念イベントを開催したつばきファクトリー(前列左から小野、浅倉、小片、谷本。後列左から小野田、岸本、山岸、秋山、新沼)

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「つばきファクトリー」(リーダー・山岸理子=21、サブリーダー・小片リサ=21、新沼希空=20、谷本安美=20、岸本ゆめの=19、浅倉樹々=19、小野田紗栞=18、秋山眞緒=17、小野瑞歩=19)が16日、東京・豊島区のサンシャインシティ噴水広場で6枚目のシングル「意識高い乙女のジレンマ/抱きしめられてみたい」発売記念イベントを開催した。

 つばきメンバーの新沼、谷本、岸本の3人は今年成人式を迎え、イベントでは“決意表明”を行った。新沼は「健康第一」。谷本は「自分の写真集が出したいです!」。岸本は「ハロー!プロジェクトの“しゃべり担当”になりたいです!」と宣言した。

 イベントの最後、新曲「意識高い乙女のジレンマ」を披露する直前に、活動無期限休止中の先輩グループ「Berryz工房」のメンバーで、現在はハロプロアドバイザー職にある清水佐紀がサプライズ登場。

「発表があります。心の準備は大丈夫ですか?」とあおり、グループの目標の一つであった初の「ホールコンサート」が発表された。「うれしさと絶対に成功させたいという気持ちがあります」と岸本。リーダー・山岸は「ずっとやりたいと思っていたので、信じられない、信じられない。本当に頑張らないといけないと心の底から思いました」と意気込んだ。

 浅倉は昨年5月から腰椎椎間板ヘルニアで活動を休止し、今年初めに復帰したばかり。イベント終了後の囲み取材で現在の状態を聞かれると「今は大丈夫です。自分のからだと相談しながら(活動をやっていきたい」と答えた。