元モー娘・田中れいな 女優評価急上昇でバンドとの両立は?

2019年05月07日 16時31分

田中れいな

 元「モーニング娘。」で現在はガールズバンド「LoVendoЯ(ラベンダー)」でボーカル&リーダーを務める田中れいな(29)が“意外な場所”で活躍している。

 田中はモー娘の6期メンバーで2013年春に卒業後、バンドを結成し、15年にメジャーデビュー。同年には「第48回日本有線大賞」で新人賞を獲得した本格派ガールズバンドだが、今年ツインボーカルの1人が卒業し、活動は先行きが不透明となっている。

 バンド活動はモー娘卒業後、田中の活動の軸だっただけに、本人にとっても主要メンバー卒業は大きな痛手だろうが、そんな田中が最近、子供たちに大人気のヒーロー戦隊モノの「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)に出演し、話題だ。

 田中が演じたのは「ケペウス星の王女カルデナ」という「地球に不時着した宇宙人役」とユニークなもの。離れ離れになった妹を捜すというストーリーだが、劇中でリュウソウジャーに命令したり、歌声も披露した。

 この出演で女優としての評価が急上昇中だという。テレビ関係者によると「ガールズバンドのボーカルとして活躍しているが、舞台女優としても活動し、最近はその舞台の演技の方にスポットライトが当たっている。この夏から始まる名作ミュージカル『赤毛のアン』でアン役に抜てきされ、年末にかけてグイグイ来ると思いますよ」。

 田中といえば、見た目の派手さからモー娘現役時代は“ヤンキーキャラ”だったが「根はすごくマジメ。仕事一筋でプロ意識が高い」(事務所関係者)。バンド活動をメインにしていた田中にとっては、女優業で注目されるのは複雑な部分もあるだろうが、戦隊モノ出演をきっかけに、バンド活動にも好影響が出ればいいが…。