山吹りょう 49センチ極上くびれは天然もの「全然鍛えていない」

2019年11月04日 17時13分

左から火将ロシエル、くろねこ、山吹りょう

 コスプレイヤーの火将ロシエル、くろねこ、ガールズロックバンド「エルフリーデ」のギタリスト・山吹りょうが4日、都内で2020年カレンダーの発売記念イベントに参加した。

 3人はそれぞれカレンダーで使用した衣装で登場。カレンダーを飾ってほしい場所について、くろねこは「寝室に飾ってほしい。寝るとき一番最後に見るのも私で、朝起きて一番に見るのも私のカレンダーっていうのがうれしい。その月が終わってもポスターとして切り取れるので、飾って部屋一面を私で埋め尽くしてほしい」と笑った。

 カレンダーイベントとあって一年を振り返り、山吹は「(グラビアの)DVD撮影の後、カレンダーの撮影をした時に、カメラマンさんに『表情とか変わったね』と言ってもらえて成長できたと実感できた。これからもグラビアとかもいっぱいやりたいなと思っています」と〝本業〟のバンド活動はスルー。事務所スタッフのツッコミで「バンドでギターもやってて…。メジャーデビューもしました」と慌てて追加し、笑いを誘った。

 山吹はウエスト49センチの極上くびれの持ち主。メンテナンスの苦労については「全然鍛えていない。面白くないこというと、何もしてなくて家でぐーたら、ゲームして過ごしてます」と〝天然素材〟であることを強調した。

関連タグ: