SKE握手会窃盗で分かったアイドル現場「警備の限界」

2015年12月16日 06時00分

 今月13日午後6時5分ごろ、大阪市住之江区南港北の「インテックス大阪」で行われたアイドルグループ「SKE48」の握手会で、埼玉県川口市の運送会社員(21)がCDやグッズの売上金約388万円を盗んで逃走。気付いた男性スタッフが約300メートル追いかけて取り押さえ、駆けつけた大阪府警住之江署員が窃盗容疑で現行犯逮捕する事件が起きていた。

 住之江署によると、容疑者は「握手会の列に並んでいた際、床に置いたペットボトルを誰かに蹴られ、拾いに行くと現金が見えた。この金を取れば、しばらく自分の趣味に使えると思った」と供述しているという。結果としてすぐに犯人を捕まえたが、そもそも立ち入り禁止ゾーンへのファンの侵入を防げなかったのだろうか。

「昨年5月に起きた握手会襲撃事件後、AKB48グループは握手会会場への入場の際、セキュリティー強化した。手荷物検査、金属探知機によるボディーチェックも実施。危険物など持ち込める荷物も制限している。警備員の数も事件直後には実に7倍に増加し、現在も事件前より警備員の数は多い。安全を最優先に考えてましたが、立ち入り禁止ゾーン侵入をすべて防ぐことは…なかなか難しい問題です」(AKB関係者)

 禁止ゾーンは柵などで区切っているものの、迷ったファンが入り込んでしまうこともあるという。

「他のアイドルグループと比べても、AKB48グループは最も厳重な警備態勢を敷いている。人件費を含めれば、何千万の費用が警備にかかっていると言ってもいい。何千人、何万人規模のイベントは置き引きなど窃盗事件が起こりますが、自己責任に任せるしかない。たとえ、数億円の費用を警備にかけてもゼロにすることは難しいでしょう」(アイドル誌関係者)

 結局は「性善説」の立場でファンの良心に頼らざるを得ないようだ。

関連タグ: