ワッキー「流ちょうなタイ語」は年上の元カノ仕込み「どうしているかな」

2017年09月27日 14時25分

左からワッキー、パンケーキ、片岡安祐美、ヨー、庄司智春、おばたのお兄さん

 お笑いコンビ「ペナルティ」の“肉体派変顔芸人”ワッキー(45)が27日、都内で行われた「Phukethon(プーケソン)2017」(12月8~10日)フレンドシップランナー発表イベントに出席した。

 日本とタイの官民が協力して開かれるタイ・プーケットで初めての国際マラソンフェスだけに、タイ側の力の入れようは相当なもの。この日は現地の“CM女王”パンケーキ・ケンマニット、タレントのヨー・ヨッサバディーの2人が来日して、イベントをPRした。

 2人が驚いたのが、ワッキーが操る流ちょうなタイ語だ。2人が「リハの時にタイ語がすごくて驚いた。タイ人の恋人がいたと聞いて納得した」と口を揃える通り、ワッキーには芸能界デビューの前にタイ人女性と交際していた過去がある。

 ワッキーは「僕が20歳の時、ひと回り上の32歳だった。ニックネームはワーさん。今は57歳になるのか。今ごろ、どうしているかな。皆さん、興味あります?」と“元カノ”の存在を明かした。

 そのワッキーは得意の変顔を連発。さらには新ギャグ「あばらビヨ~ン」を繰り出し、はるばるタイから訪れた美女2人を大笑いさせた。予想外の大ウケにすっかり気をよくしたワッキーは「マラソンもタイも大好き」と充実の笑顔を浮かべた。