ベッド写真流出で全CM降板した元アイドル「たった一枚の写真で転がり落ちてしまう」

2017年09月25日 14時52分

1980年代、かつて人気絶頂だった頃の横須賀昌美

 かつて“にゃんにゃん写真”が流出した元アイドルの横須賀昌美(55)が25日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演し、不倫が多発する芸能界に「吐いたツバは自分に戻る」と警鐘を鳴らした。

 横須賀は人気絶頂時の1984年、21歳のとき写真週刊誌に“にゃんにゃん写真”が掲載された。ふざけて撮った男性とのベッド写真流出で、出演していたCMは全て降板になった。違約金は3800万円。「3000万円は貯金をはたき、残り800万円はアルバイトをかけ持ちして2年で返済した」(横須賀)

 近くにいた大人は遠ざかり、仲の良かった友人も、合うと視線をそらすなど、環境が一変したのがショックだったと振り返る。19歳で体験したドン底人生で、得たものもあるという。「17、18の小娘に40~60代のスタッフの方がいっぱいついて、躍起になって頑張るわけです。周りにヘルプされて自分は成り立っていた。その重みがどん底にいたときに痛いほど分かった。だから、感謝を忘れずにいかなければいけないと思った」

 その後、別の事務所に所属し、Vシネの女王と呼ばれるまでに復活。現在は地元・金沢でスナックを経営し、自らカウンターで接客する。

 立ち直った横須賀は、世間を騒がせる芸能界のスキャンダルをどう感じているのか。「好奇心があってのことだと思うけれど、たった一回、一枚の写真で転がり落ちてしまう。自分で吐いたツバは、絶対自分に戻る。自分にツバを吐かない、天にツバを吐かないようにしてほしい」と語った。