渡辺直美「行きずりが29年間。最後の相手は米兵」と赤裸々告白

2017年03月17日 23時05分

渡辺直美

 お笑いタレントの渡辺直美(29)が17日、トークバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。気になる恋愛事情について語った。

 渡辺はダウンタウンの浜田雅功(53)、松本人志(53)、坂上忍(49)らとお酒を飲みながら本音のトークを交わす「本音でハシゴ酒」のコーナーに登場。海外でモテまくる理由の一端が明らかになった。

 インスタグラムのフォロワーが600万人を超え「インスタの女王」として知られるが、渡辺は「外国の太った方がフォローしてくれる」と説明した。ロサンゼルス、ニューヨーク、台湾などワールドツアーを成功させ、ワシントン・ポスト紙は安倍晋三首相とトランプ米大統領とのゴルフ会談を一切伝えず、渡辺を1面で大特集するほど。渡辺によると、現地の記者は「やせている日本人の中で、どうしてドヤ顔で生きていけるのか」と取材意図を明かしたという。

 恋愛事情を聞かれると「彼氏がいたことはなく、行きずりが29年間」とキッパリ。理想は「椿鬼奴さんと夫のグランジ・佐藤大」の関係なのだとか。「仕事はしてもらってもいいけれど、家事もやってもらいたい。家がゴミ屋敷の状態なので業者に頼んで奇麗にしてもらっている」と驚きの私生活を明かす。また、「ガスや電気料金の払い方がわからず、(未払いで)止められたことがあった」という。なお、好きなタイプは「相手は太っていてもいいけど、デブ専の人はごめんなさい、ムリ!」と言い切った。

 浜田に「外国ではモテるやろ?」と聞かれた渡辺はうなずきながら「1年前の最後の相手は米兵でした」と告白。「海軍のリッキー」という男性とはお互い言葉が通じなかったが、いい雰囲気になり男女の仲になったのだという。「初めて付き合ってもいいかな」(渡辺)と思ったが、男性が米国に帰ることになり、“彼氏”になることなく“行きずり”の関係で終わったという。

【関連記事】