熊本炊き出しでキムタクと中居の“格差”判明

2016年06月14日 05時30分

 SMAPの木村拓哉(43)らが12日、熊本地震で震度7を2度観測し、大きな被害を受けた熊本県益城町で石原軍団が行っている炊き出しに参加したと報じられた。炊き出し会場は大フィーバーで、国民的アイドルの炊き出し参加は被災者を大いに元気づける行動になっただろうが、メディアでの扱いでメンバー間には雲泥の差があった。解散しないと改めて表明したばかりのSMAPに暗い影を落としかねない。

 石原軍団の舘ひろし(66)らが静養中の渡哲也(74)の指令の下、11日から被災者が避難している同町の総合体育館に隣接する陸上競技場で炊き出しを行っている。その中に、木村、TOKIOの長瀬智也(37)、V6の岡田准一(35)のジャニーズの3人が入ったのは2日目の12日。初めての熊本入りだった。「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の「ビストロSMAP」で料理の腕を磨いている木村だけに、被災者も大喜びだろう。

 この熊本入りの様子を12日の「みんなのニュースWeekend」(フジテレビ系)ではトップニュースとしてオンエア。木村が被災者を楽しませる姿を見せた。「Mr.サンデー」(同)でも、現地のフィーバーぶりを流した。

「炊き出しにカメラを出していた局がたまたまフジだけだったようですが、ジャニーズからオンエアのOKが出たのは間違いない。他局でも13日発行の朝刊スポーツ紙を紹介する形で、オンエアにはOKが出ているそうです。撮れなかった局のために、13日にも炊き出しに参加して、メディアに対応するという話もあるそうです」とはある芸能プロ関係者。

 石原プロの炊き出しに参加する形とはいえ、ジャニーズが主導してタレントを連れて行くと、ここまで“扱い”に差が出るのかと思わせてしまう。というのも、中居正広(43)の一件があるからだ。中居は4月14日に熊本地震が発生し、その10日後の24日には熊本入りした。その後も、5月7日には落語家・笑福亭鶴瓶(64)、ナインティナイン・岡村隆史(45)とともに熊本を訪れ、5月15日にもSMAPの香取慎吾(39)を連れて炊き出しに参加した。ネット上にはサングラスやマスクで完全に変装しながらも、鍋で具材を炒める写真や動画がアップされ、称賛の声が上がった。

 ただ、中居の行動がワイドショーなどのテレビ媒体で大きく報道されなかったのは本紙既報通り。

「ジャニーズの上層部がかたくなにNGを出していた。上層部といえばメリー副社長とかになるんでしょうが、理由が『木村が行ってないのに中居だけクローズアップして英雄的に扱われるのはまかりならん』っていうことのようです」(あるテレビ局関係者)

 中居と木村の差に首をかしげる人が少なくないだろう。「中居の場合、事務所の意向を無視して熊本入りした、勝手にやったと言われていますが、そういう背景はある。ただ、東日本大震災の時はそれでも紙面紹介、ツイッター紹介などでオンエアできたんですけど、今回の熊本は新聞紹介すらもアウトでしたからね」(前出の芸能プロ関係者)

 1月のSMAP解散騒動で、いち早く残留を表明した木村はジャニーズの上層部から寵愛を受けていると言われていた。先日亡くなった蜷川幸雄さん(享年80)の通夜では、木村と藤島ジュリー景子副社長が同じタイミングで会場入りしたことも寵愛ぶりを裏付ける光景だと騒がれた。

 そんな事務所からの寵愛の度合いと比例しているのが「木村への不支持」だ。

「解散騒動時、一人だけ残ったことから始まっていますが、ファンの間で、メリー副社長やジュリー副社長と一緒に“キムタク嫌い”の度は増している。しかも、今回はTOKIOの長瀬、V6の岡田と一緒でしょ。この2人は両グループのエース格です。それと一緒ということはSMAPのエースはキムタクということを暗に意味している」とは前出の芸能プロ関係者。

 しかも木村の熊本でのボランティアぶりは派手に報じられた。

「中居とのメディア対応の違いに加えて、エースという立場を明確にしたことは、“キムタク嫌い”を助長させやしないか。ここまで来ると、事務所はあえてやっているんじゃないかと思ってしまうくらい」(同)

 先日はファンクラブ向けの会報でメンバーがそれぞれSMAPに対する思いを語り、解散しないことを改めて表明したが、今回の一件は、メンバー間に深い溝があることを露呈するものになるかもしれない。