人気声優・田村ゆかり“一斉終了発表”の反響にキングレコード驚き「詮索されるような重苦しい感じのものではない」

2016年02月10日 19時17分

田村ゆかり

 アニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズの高町なのは役などで知られる人気声優で歌手の田村ゆかりが10日、公式サイトで冬ライブ開催中止、ラジオ番組の終了などを一斉に発表した。突然の知らせにファンの間に動揺が広がり、さまざまな臆測が流れたが、所属レコード会社のキングレコードは東スポWebの取材に「詮索されるような重苦しい感じのものではない」とコメントした。

 公式サイトではこの日「田村ゆかりについての重要なお知らせ」とし

(1)今冬に予定されていたライブの開催中止

(2)2003年から続いた文化放送「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」とネットラジオ「喫茶 黒うさぎ 〜秘密の小部屋〜」を3月末で終了

(3)公式サイトのリニューアル

(4)2万9000人を超えるフォロワーがいる「田村ゆかりSTAFF Twitter」アカウントの閉鎖

(5)4月1日からオフィシャルファンクラブの運営会社移管

 上記5つの案件を所属事務所のアイムエンタープライズ、キングレコードの連名で発表した。

 ライブ中止については「度重なる調整を行って参りましたが、諸般の事情によりライブの開催を断念せざるを得ない状況となりました」と説明。サイトのリニューアルについても「オープンの日時は、未定」としており、歯切れの悪い印象を与える。

“王国民”と呼ばれる田村のファンも突然の発表に動揺。SNS上では「何があった」「今回の発表で気が気じゃない」などと心配の声が上がり、病気療養説や声優引退説、妊娠説、果ては参院選出馬説まで飛び交った。

 今回中止が発表された5つの案件はいずれもキングレコードが関わった業務だ。

 同社広報は東スポWebの取材に、発表された文言以上は答えられないとしながらも「原因は詮索されるような重苦しい感じのものではない」と、病気療養や声優引退に関わるものではないとし、今回のような大きな騒動になっていることに驚きを隠さない。

 中止は年度初めの4月1日までに完了していることからキングレコードと田村の契約が切れることが推測されるが、こちらについての質問には「答えられない」とした。大騒動となったが、現在のところ新たな発表を行う予定はないという。

 また田村の所属事務所のアイムエンタープライズは東スポWebの取材に対して「担当者が不在のためお答えできない」とこちらも回答を控えた。

 ただ同事務所に近い関係者によれば田村の終了発表があることは先月には関係者に伝えられており「結婚や妊娠などではなく、キングと田村サイドの問題と聞いています」と語っており、両者間の契約問題によって今回の「一斉終了」が起こったようだ。