13年から服役中の羽賀研二容疑者 出所間近でまた逮捕は“封じ込め”作戦

2019年01月19日 16時30分

出所が遠のいた羽賀容疑者

“希代のワル”に再び鉄槌が下った。詐欺罪などで服役中の元タレント・羽賀研二容疑者(57=本名・当真美喜男)と元妻の当真麻由容疑者(41)が18日、詐欺被害者の賠償に充てられる資産を隠した強制執行妨害の疑いで沖縄県警に逮捕された。同容疑者の元交際相手でタレントの梅宮アンナ(46)はつい最近、テレビ番組に出演。同容疑者の8000万円もの借金を肩代わりしたことを告白したばかり。同容疑者の名が久々に報じられ、芸能関係者から出た言葉は「いいことだ」。どういう意味なのか――。

 羽賀容疑者は未公開株の売買でうその価格を被害者男性に提示し、約3億7000万円を受け取った詐欺罪などに問われ、2013年に懲役6年の実刑判決を受けた。現在は沖縄刑務所で服役しており、間もなく出所予定だった。

 捜査関係者によると、羽賀容疑者は裁判所から詐欺事件の被害者への全額賠償を命じられたが、妻と偽装離婚し、不動産を財産分与したように装って差し押さえを逃れようとしていたという。

 強制執行妨害罪は2年以下の懲役、または50万円以下の罰金。警察関係者は「これで羽賀の出所は当分ない。このタイミングの逮捕は狙いすましたもの。『そう簡単にシャバには出さないぞ』という捜査員の気概が感じられる」と話す。

 羽賀容疑者といえば、かつてモデルの梅宮アンナとの交際で知られた。アンナは父・辰夫(80)とともに4日放送の「中居正広のキンスマスペシャル」(TBS)に出演。アンナは同容疑者の借金の保証人になり、金策のため全国を土下座して回り「全部で8000万円くらい返した」と告白して話題になったばかりだった。

 芸能プロ関係者は「世間知らずのアンナさんはあっさり毒され、借金の保証人になってしまった。今回の資産隠し事件でも、奥さんの麻由容疑者は気付けば共犯関係に。甘い言葉や泣き落としで、女心をもてあそぶ羽賀はどうしようもないやつ。関わった女性は全員不幸になる」と語る。

 そんな羽賀を、アンナと交際し始めた当初から「希代のワル」と称した辰夫の眼力はさすがだ。「『金スマ』と今回の事件で、忘れかけていた羽賀研二の名前が世間に広まったのは、いい警鐘になった。今回の逮捕がなければ、今年出所して、また標的となる女性を探し、被害者が出ていただろうからね」(同)

 出所寸前の逮捕となった羽賀容疑者がどこまで反省するか。