ボートレースまるがめのGⅠ「第67回四国地区選手権競走」の予選2日目が12日に行われた。

 中村日向(25=香川)は2日目5R、インからコンマ09の好スタートを決めて押し切った。これが今節初1着、レース後には安堵の表情を見せた。昨年の鳴門・四国地区選覇者で連覇がかかるが「去年はたまたま優勝できた。今年は地元のまるがめ開催で、リラックスして走りたい」と自然体を強調する。

 昨年の地区選V後には、平和島で開催されたSGクラシックに出場。しかし、1走目でコンマ04のF。「初のSGで、雰囲気にのまれた。またSGに出場した時は、きっちり反省を生かしたい」と表情を引き締める。

 相棒の14号機には「ターン回りと行き足関係が良さそう。この足を一節間キープする方向で調整したい」と信頼を置く。「A1に1期で戻るのが目標だが、まずは今節準優に残れるように集中していく」と目の前のレースに集中する。