今月いっぱいでSKE48を卒業する江籠裕奈(23)が11日、名古屋市内のZepp Nagoyaで卒業記念ソロライブ「みんなとみた流星群」を開催。「転生しても好きでした」「コケティッシュ渋滞中」など24曲を披露した。

 アンコールで江籠は「私が大好きなSKE48に何を残せていたかはわからないですけど、一つだけ言えるとしたら、まっすぐ自分とSKE48とファンの皆さんを信じてここまでやってきたのは間違いじゃなかったなって、今日思いました。それくらい幸せでした」とファンに感謝。

美脚を見せつける衣装も(©2023 Zest, Inc.)
美脚を見せつける衣装も(©2023 Zest, Inc.)

 さらに「今はもう後輩の方がたくさんいる私ですけれど、私から一つ言えるのは『誠実は美しい』。そう胸を張って言えるまで走り続けてきたと思っています。そんな私の気持ちと明るい未来を祈って、皆さんに気持ちを込めて届けたいと思います」と語った後、ラストソング「君は未来に試されている」を涙ぐみながら熱唱。会場には大きな「裕奈」コールが響き渡った。

 コンサートの最後に江籠が「変わらずゼスト所属のままソロ活動を続けていきたいなと思っています」とアイドル卒業後の進路を明かすと、ファンは大歓声。「来年からもよろしくお願いします」という江籠には温かい拍手が送られた。

ファンに思いを伝える江籠(©2023 Zest, Inc.)
ファンに思いを伝える江籠(©2023 Zest, Inc.)

 なお、江籠裕奈オフィシャルファンクラブ「ないしょばなし」が1月1日からスタートする。