元衆院議員の金子恵美氏が10日、フジテレビ系「Mr.サンデー」に出演。自民党安倍派の〝裏金〟疑惑に絡み、MCの宮根誠司から素朴な疑問を突きつけられた。

 この日は安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、派閥の幹部6人を含む大半の所属議員がキックバックを受けていたとみられる件を取り上げた。

 それを受け、宮根は「金子さんは二階派。ぶっちゃけ聞きますけどキックバックありました?」と直球質問。

 金子氏は「キックバックどころか、(ノルマが)達成できなくて自分でかぶるという方でした」と冷静に答えた。

 さらに宮根が「二階派は(ノルマ)超えた人はキックバックあった?」と質問すると、金子氏は「そうですね。キックバックあったし、それも(政治資金収支報告書に)載せればいいだけの話だったんですね」と応じた。

 また、他の派閥の噂などは入ってこないのか?と尋ねられると、金子氏は「正直、派閥によって運用が違うのでわからないところがあるので、今回私も安倍派の議員や秘書の方にいろいろ話を聞いた」と報告。

 その上で「すごく素朴な疑問で『収支報告に上げればいいだけなのに、それができてなかったのはどうしてか?』とシンプルに聞いたところ、『派閥の意向で一議員がそれにあらがうことはできなかった』。それは閣僚経験者でも派閥の意向に従うしかなかったということです」と証言した。