タレントの石原良純が9日、「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)に生出演した。

 番組では、旧ジャニーズ事務所の所属タレントのエージェント、マネジメントなどを行う新会社の名称が「STARTO ENTERTAINMENT(スタートエンターテインメント)」に決定したことを取り上げた。新社長に福田淳氏が就任し、補償業務を行う「SMILE―UP.」の社長を東山紀之が務めることになる。

 新経営体制について菊地幸夫弁護士は「東山氏が抜けたということですけど、最初から両方の代表者が一緒だと利益相反の問題が出ます。こうせざるを得なかったと思います」と話した。

 石原は「東山さんは今にして思うと、すごい決断をしたね。だって、STARTO ENTERTAINMENTは陽じゃない。その陰の部分を担っていかなきゃいけない」としみじみと語った。

 また菊地氏は「発表された(被害者への)補償の額は僕が予想していたものを遥かに越える金額だった。かなり良心的な数字を出してるんじゃないかなと思います。それは社長の意向もあるんじゃないですかね」と評価した。