松本人志が1日放送のフジテレビ系「人志松本の酒のツマミになる話」に出演。幸せを感じた娘の行動について告白した。

 50歳にして第1子を授かった武田真治から、「子どもの素晴らしさを感じたことがあるか?」と質問されたときのこと。

 松本は「いっぱい感じてますよ、幸せは」と即答し「まだ歩けなかったぐらいのころから、だんだん歩けるようになりかけかたか?ぐらいの時に、自分の部屋にいたんですよ。そしたらドンドン!ってなんか(壁越しに)聞こえたから、カチャっと開けたら、立って俺の部屋来た時は、もう泣きながら抱きしめましたよ」と回想。

 これを聞いた武田は号泣。フットボールアワー・後藤輝基が「どうしたんすか?」と尋ねると「自分の人生にそんなことがこれから待ってるかと思うと…。いいの持ってんじゃな~い」と松本を〝上から目線〟で称賛した。

 さらに武田から、エピソードの〝おかわり〟を要求された松本は「3~4歳ぐらいの時に、本で読んで寝かせようとして、短い話やからすぐ終わっちゃう。『もう1回』『もう1回』って4~5回ぐらいやって『寝なさい』って言っても聞かないから、さすがに『もういい加減にしなさい』ってちょっと強めに叱ったら、『もうパパ嫌い』とか言うから『じゃあもういい。パパも嫌い』って言って、部屋に戻ってテレビ見てたら、ドアがカッチャって開いて『ごめんなさ~い』…」と、娘の声色をまねて振り返った。

 これにも武田は号泣し「そんな子に謝らせちゃダメですよ」とポツリ。松本は「そういうことちゃうんねんな~」と苦笑いしていた。