元HKT48の村重杏奈(25)が都内で28日夜、Netflix「韓国ドラマな恋がしたい」の配信開始記念イベント「#韓ドラ恋ナイト」に参加した。

 韓国人若手俳優4人と日本の新進女優4人が、ソウルで〝テラスハウス的な〟共同生活。ショートドラマの主演カップルの座をかけ、現地スタッフによるオーディション撮影などに挑むリアリティー番組だ。さまざまなシチュエーションでペアができ、夢や恋愛、友情が絡み合う。全12話。

 村重は大の韓ドラ好きで、トークイベントでは第1話を見終えて胸キュンの表情。

「〝うわっ、こんな風に(韓ドラは)撮ってるんだ〟っていうのがまず第1テンション上がりポイントでもありましたし、恋愛がそもそも大好き…恋愛モノの映画とかがすごく大好きなので、キスシーンとか見ちゃうとすごいテンション上がっちゃうんですよ」

左から村重杏奈、小森隼、犬山紙子
左から村重杏奈、小森隼、犬山紙子

 一緒に視聴したエッセイスト・犬山紙子(41)によれば、村重はキスシーンを見ながら「もうちょっとハムハムしてほしい」と言っていたそう。

「いろんな作品を見てきたんですよ。いろんなキスシーンを見てきたので、ホントにキスソムリエかもしれない。キスシーンソムリエかもしれない」と村重は自負している。

 もう1人のゲストはボーイズグループ「GENERATIONS」の小森隼(28)。スタジオMCの1人を務めており、すでに全話を見終えているという。

 この日は韓ドラファンを集めて3話まで上映されたが、小森は「こっからどんどん崩れていきます。人間関係が…。結構ピュアな感じじゃないです」と予告。村重らが「えっ!」と言葉を失うなど、会場の空気を一変させていた。