大阪の読売テレビは28日、同社管理局社員が同局制作の関西ローカル音楽番組「カミオト夜」の製作費について「追加演出費」名目で水増し請求させ、自らに現金で還流させていたとして11月28日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

「カミオト夜」の経費が毎月の予算を大きく上回る状態が続いたため7月に経理局が精査したところ、当該社員が番組を担当した期間に番組制作会社から「追加演出費」名目で多額の請求が続いていたことが発覚。当該社員や制作会社に聞き取りした結果、当該社員が飲食した際の領収書を制作会社に回し、それを読売テレビに請求。そのお金を当該社員に還流していたことが分かった。

 不正期間は20年4月から23年6月まで、不正総額は約877万円。ほかにも不明瞭な請求が506万円あった。

 読売テレビは当該社員の懲戒解雇に加え、社員の当時の上司(3人)を減給、経理責任者(2人)、制作局の業務担当責任者はけん責とした。同社代表取締役社長・大橋善光氏と取締役・武野一起氏は、月額報酬の10%(23年12月から1か月間)を自主返納する意向を示していると明かした。また不正の舞台となった「カミオト夜」を23年内で休止する。

 不正総額は約1383万円に上るが、当該社員は全額弁済の意思を示しているという。